GameGeekの楽しみ

ゲーマー仲間を1000人作るブログ

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータを紹介!

どうも!

GameGeekです。

 

今回は、任天堂といえば、ファミコンですよね。

そのファミコンが、手のひらサイズになった、ミニファミコンを紹介していこうと思います。(後日、スーパーファミコンミニも紹介していきます)

www.nintendo.co.jp

 

このミニファミコンの中には、なんと、30本ものファミコンの名作ソフトが収録されているのです!


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 紹介映像

 

実は、このミニファミコン、一度生産終了になったのですが、(転売屋はうれしかったかもしれないけど)再発売を望む声が多かったので、再発売されたんです。

やはり、ファミコンの魅力は今になってもあるんですねー。

         ããã¡ãã³ã³ãããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 

収録されている一部のソフトを紹介します。

 

 

1985年発売 任天堂 スーパーマリオブラザーズ

『スーパーマリオ』シリーズの第一弾。跳ぶ、走る、投げる、ブロックを叩いて壊す……。大魔王クッパにさらわれたピーチ姫を助け出すために、マリオやルイージが多彩なアクションで大冒険を繰り広げるアクションゲーム。裏技や隠しアイテムを探すのも楽しみかたのひとつ。数多くのシリーズ作品を生み出し、空前の大ブームを巻き起こした人気作品。

(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

1986年発売 サンソフト アトランチスの謎

南太平洋上に現れた巨大な島アトランチス。行方不明になった師匠を助けるため、帝王ザヴィーラと戦うアクションゲーム。平原・洞窟・空中・遺跡など100のゾーンが用意され、中にはそれぞれ別のゾーンへ通じる扉が。どのゾーンへ通じているかは入ってみなければわからず、隠し扉やワープ扉など、どの扉に入るかによって展開が大きく変化。

(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

1986年発売 任天堂 ゼルダの伝説

アクションと謎解き要素が盛り込まれたアクションアドベンチャーゲーム『ゼルダの伝説』シリーズ第1弾。大魔王ガノンに占領された王国の平和とゼルダ姫を取り戻すため、主人公リンクは8つに分かれたトライフォースのカケラを探す冒険へと旅立ちます。本編のクリア後は、より難易度の高い「裏ゼルダ」を遊べるやり込み要素も。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1985年発売 任天堂 アイスクライマー

滑るブロックや移動する雲などのしかけを突破して氷山を登るポポとナナ。ハンマーを使ってブロックを崩したり、行く手をじゃまする敵を追い払いながら、ジャンプして最上段を目指すアクションゲーム。2-PLAYER GAMEでは、仲よく協力しあってプレイする方法と邪魔をしたり意地悪をしたりしてプレイする方法と、異なる2つの遊びかたができます。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1985年発売 KOMANI イー・アル・カンフー

ボタン入力の組み合わせによってパンチ・とびげり・ハイキックなどの技を繰り出し、敵を倒していくアクションゲーム。悪行を重ねるチャーハン一族を倒すため、主人公「李(リー)」はメンマの塔へ乗り込みます。ステージの合間には、飛んでくる扇や刀を壊すボーナスステージも用意されています。(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

1990年発売 KONAMI スーパー魂斗羅

「魂斗羅」と呼ばれるゲリラ戦のスペシャリストが、パワーアップアイテムで武器を強化しながら、襲いくるエイリアンを倒して進むアクションシューティングゲーム。横スクロール形式の「ノーマル画面」のエリアと、上から見下ろす形式の「TOP VIEW画面」のエリアがあり、それぞれ操作方法や使えるアクションが異なります。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1986年発売 KONAMI 悪魔城ドラキュラ

 『悪魔城ドラキュラ』シリーズの第1作。英雄の血を受け継ぐ青年シモンが、不思議な力を秘めたムチとさまざまなアイテムを駆使して、多数の罠が仕掛けられたドラキュラ城の最上階を目指すホラーアクションゲーム。フランケンシュタインや吸血コウモリなどの怪物たちと、重厚かつ荘厳なBGMが恐怖を演出。(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1990年発売 任天堂 ドクターマリオ

 ドクターとなったマリオの研究室のビンに発生した3種類のウィルスを、次々と投げ入れるカプセルを使って退治。同じ色のカプセルを縦か横に4個以上並べてウィルスを消していくアクションパズルゲーム。ウィルスの数や落ちてくるスピードを設定でき、自分にあったレベルで始めることができるほか、友だち同士で対戦が楽しめる2人プレイも可能。(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

1985年発売 任天堂 バルーンファイト

風船で空中に浮かび、敵の風船を体当たりで割っていくアクションゲーム。勢いがつくとなかなか止まれない、ふわふわした独特の操作感が特徴。画面中の敵を倒してステージをクリアする「通常モード」と、横スクロールのステージで雷をよけながら進む「BALLOON TRIPモード」の2つのモードを用意。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1992年発売 任天堂 スーパーマリオUSA

夢に出てきた世界“サブコン”にやってきたマリオたち。野菜を引き抜いて敵に投げたり、魔法の薬を使って裏画面へ移動したりと、不思議な冒険に挑みます。選べるキャラクターはマリオ・ルイージ・キノピオ・ピーチ姫の4人。ジャンプ力やものを持ち上げる速さなど、それぞれに個性あるキャラクターを操作する楽しさも。(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1984年発売 任天堂 エキサイトバイク

スーパーモトクロッサーと呼ばれるバイクを操作し、ぬかるみや障害物が設置されたコースを走り抜けるバイクレースゲーム。一定時間だけ加速できるターボでライバル車を抜いたり、ジャンプ台で障害物を跳び越したりして、ベストタイム更新を目指します。ぬかるみや障害物、ジャンプ台などのパーツを自由に配置して、オリジナルのコースを楽しめる「デザインモード」も搭載。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1988年発売 任天堂 スーパーマリオ3

大魔王クッパとコクッパたちに奪われた7本の魔法の杖を取り戻すため、マリオとルイージがキノコワールドの冒険に出発するアクションゲーム。マップ画面にはクッパの手下が守る砦や、アイテムが手に入るキノピオの家などが出現。空を飛べる「しっぽマリオ」や、泳ぎが得意な「カエルマリオ」などに変身しながら、8つのワールドを冒険。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1983年発売 任天堂 ドンキーコング

ドンキーコングにさらわれたレディを助けるため、建設中のビルに乗り込んだマリオ。ドンキーコングが投げてくるタルをかわしたり、おじゃま虫をハンマーで倒したりしながら、画面上部のレディを目指して進みます。ゲームは全体で3面構成となっており、3面目ではドンキーコングと直接対決。キャラクター性とストーリー性を備えたアクションゲームです。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1987年発売 テクモ つっぱり大相撲

力士を育てて、番付(ランク)を上げ、横綱への昇進を目指すアクションゲーム。一場所では15日間の取り組みが行われ、勝利数によって昇進できるかどうかが決まります。「つっぱり」や「はたき」など相撲特有の技のほか、一発逆転の大技「ブレーンバスター」など普通の相撲では見ることのできない隠し技も用意されています。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1989年発売 テクノスジャパン ダウンタウン熱血物語

「ダブルドラゴン兄弟」と呼ばれる竜一・竜二の兄弟を倒し、つかまった真美を助けるため、冷峰学園へと向かうくにおとライバルのりき。商店街での食事やアイテムを使うことで、能力が上がったり必殺技を覚えたりと強く成長していくくにおとりき。次々と現れる敵を倒し、先のステージへ進めていくアクションゲーム。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1991年発売 任天堂 マリオオープンゴルフ

おなじみのマリオとルイージが本格ゴルフに挑戦するスポーツゲーム。なるべく少ない打数でカップインを目指します。グリーンまでの距離によって、自動的にクラブを選択できる機能があり、ゴルフの経験に関わらず楽しむことができます。森に囲まれたコースや湖に挟まれたコース、バンカー(砂地)だらけのコースなど、多彩なコースが用意されています。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1985年発売 ナムコ ギャラガ

自機であるファイターを操作して、迫りくる昆虫型エイリアン「ギャラガ」の大群を撃破するシューティングゲーム。ボスギャラガの発射するトラクタービームに当たると敵に捕まってしまいますが、飛来してきたボスギャラガを撃破して機体を取り戻すと、ファイターがデュアルファイターにパワーアップ。ファイターを操りギャラガを撃破しよう。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1983年発売 任天堂 マリオブラザーズ

 現在に至るまで、さまざまなシリーズ作を生み出した『マリオ』シリーズの第1作。基本操作はいたってシンプルで、マリオやルイージを操作して、パイプから出現する敵を床下からパンチし、ひっくり返ったところを蹴り落として退治していくアクションゲーム。2人プレイでは、協力して敵を倒したり、邪魔しあったりと、いろいろな楽しみかたができます。(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1987年発売 任天堂 リンクの冒険

ハイラル王国の平和を取り戻すため、大神殿に封印された勇気のトライフォースを開放するべく、再びリンクは冒険の旅に出ます。剣を振って敵を攻撃したり、さまざまな魔法を使ったり……壮大なストーリーと謎解きの魅力はそのままに、よりアクション性に磨きがかかったシリーズ作。タイトルどおり“リンクの冒険”が体験できるアクションアドベンチャーゲーム。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1993年発売 任天堂 星のカービィ 夢の泉の物語

プププランドのみんなの夢を取りもどすために、デデデ大王に奪われたスターロッドを集める旅に出かけるカービィ。熱い炎をはき出す「ファイア」、火花で敵をしびれさせる「スパーク」、かっこよく剣を振るう「ソード」。さまざまなコピー能力を使いこなし、敵を撃破していくアクションゲーム。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1990年発売 スクウェア ファイナルファンタジーⅢ

本作ではのちのシリーズへと継承されていく、選択したジョブの熟練度によりキャラクターが成長していく「ジョブチェンジシステム」、召喚者のジョブによって異なる効果を発揮する「召喚魔法」が初めて登場。高速飛行型、空海両用可変型、山を越えて飛ぶ大型飛空艇など、多彩な飛空艇も見どころのひとつ。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1989年発売 テクノスジャパン ダブルドラゴンⅡ ザ・リベンジ

恋人と仲間の仇(かたき)を討つため、謎の武装集団に挑む双截拳の使い手ビリーとジミー。ジャンプキックやアッパーカット、ひじ打ち落としなどの多彩な技と威力の高い必殺技「龍尾嵐風脚」などで敵を撃退していきます。他にも仲間への攻撃ができる「2P PLAY」モードも選択可能。協力しながらだけでなく、対戦しながらの2人同時プレイも楽しめるアクションゲーム。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1986年発売 任天堂 メトロイド

 他の生物に取りつき、エネルギーを吸いつくしてしまう恐ろしい生命体「メトロイド」。宇宙海賊に奪われたメトロイドを取り戻すため、宇宙戦士サムス・アランは宇宙海賊の本拠地「要塞惑星ゼーベス」へ向かいます。ゼーベスの各部屋に隠されたアイテムを手に入れ、武器やパワードスーツの能力を強化し、要塞の中心・マザーブレインへと立ち向かうアクションゲーム。(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1986年発売 テクモ ソロモンの鍵

プレイヤーは魔法使いダーナとなって、悪霊がさまよう星座宮に挑む。ブロックを出したり消したりする「換石(かんせき)の術」を使い、悪霊をかわしながらカギを入手。アイテムを取ると「火球(かきゅう)の術」で敵を攻撃することもできる。制限時間内にカギを入手して、次のステージへと続く扉を目指すアクションパズルゲーム。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1986年発売 KONAMI グラディウス

敵要塞ゼロスを破壊し惑星グラディウスを救うため、超時空戦闘機ビックバイパーを操作して亜時空星団バクテリアンと戦うシューティングゲーム。移動スピードが上がる「SPEED UP」、レーザーを発射する「LASER」、ミサイルを発射できるようになる「MISSILE」など、赤いエネルギーカプセルを取るたびにパワーアップの種類が変化。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 1988年発売 カプコン ロックマン2 Dr.ワイリーの謎

Dr.ワイリーの挑戦を受け、新たな戦いへと向かうロックマン。時間を止めたり、強風を巻き起こすなど、特殊能力を備えた8体の強敵ロボット(ボス)に挑むアクションゲーム。ボスを倒すと入手できる武器は、強力なものばかり。状況に合わせて武器を使いこなし、Dr.ワイリーに立ち向かいます。シリーズお馴染みのアイテム「E缶」も本作から登場。(出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

1988年発売 テクモ 忍者龍剣伝

父の遺言に従い秘伝の龍剣を持って、渦巻く野望が待ち受けるアメリカに渡ったリュウ・ハヤブサ。手裏剣や炎波の術など、忍術を使って敵と戦うアクションゲーム。入り組んだ地形では、壁から壁へ飛び移る「壁蹴りジャンプ」を使うのがコツ。手ごたえある難易度に加えて、ゲーム内のビジュアルシーンが、物語を盛り上げます。 (出展 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂)

 

 以上が、ミニファミコンに収録されているソフトです。

 

コントローラーもミニなので少し操作しずらいと思いますがそれをはるかに超える驚きが詰まっているのでぜひやってみてください!

 

最近のゲームに慣れていると、ファミコンのソフトは少し難しいと思います。(例えば魔界村とか)ですがその分やりごたえは十分あるので、楽しめると思います。

 

コントローラーが2つあるので、家族や友達とも、もちろん楽しめます。(ファミリーコンピュータですからね)

 

今回は、こんな感じで終わりたいと思います。

 

もしよければ、高評価、コメント、読者登録をよろしくお願いします!

最後まで見てくださり、ありがとうございました!

また次回お会いしましょう!

 

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

 

 ミニファミコンと、ミニスーパーファミコンがセットになったものもあります↴

ニンテンドークラシックミニ ダブルパック

ニンテンドークラシックミニ ダブルパック

 

 漫画のジャンプとコラボしたミニファミコンもあるので、やってみてください↴

 パックマン™ ©1980 BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ギャラガ™ ©1981 BANDAI NAMCO Entertainment Inc. イー・アル・カンフー ©Konami Digital Entertainment アトランチスの謎 ©SUNSOFT グラディウス ©Konami Digital Entertainment 魔界村® ©CAPCOM CO., LTD. 1986, 2016 ALL RIGHTS RESERVED. ソロモンの鍵 ©1986 コーエーテクモゲームス All rights reserved. 悪魔城ドラキュラ ©Konami Digital Entertainment つっぱり大相撲 ©1987 コーエーテクモゲームス All rights reserved. 忍者龍剣伝 ©1988 コーエーテクモゲームス All rights reserved. ロックマン®2 Dr.ワイリーの謎 ©CAPCOM CO., LTD. 1988, 2016 ALL RIGHTS RESERVED. ダウンタウン熱血物語 © ARC SYSTEM WORKS ダブルドラゴンⅡ The Revenge © ARC SYSTEM WORKS スーパー魂斗羅 ©Konami Digital Entertainment ファイナルファンタジー® III ©1990 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION/©1990 YOSHITAKA AMANO ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 © ARC SYSTEM WORKS 星のカービィ 夢の泉の物語 ©1993 HAL Laboratory, Inc. / Nintendo