GameGeekの楽しみ

ゲーマー仲間を1000人作るブログ

コンシューマーゲームよりもスマホゲームしか遊ばれていない気がする...

どうも!
GameGeekです。
f:id:GameGeek:20181013081516p:plain
今回は、私の友達が、みんなスマホゲームしかやっていない気がするので、その現状について考えてみたいと思います。

うーん...。

どうなんでしょうか?

最近、スマホで、荒野行動しかみんなやっていない気がするんです...。

f:id:GameGeek:20181013081541p:plain

最近は、様々な会社が、スマホを使ったゲームを発売していますよね。それが、ニンテンドースイッチのソフトよりも、手軽にゲットできるし、面白いからなのか、スマホゲームしかやっていないんです。


ゲームを広めるためにスマホゲームを作ったはずなのに、ニンテンドースイッチやPS4のゲームが売れて行かなくなる、つまり、逆効果だと思うんです。


最近、課金制のゲームが増えていっていますよね。一回課金しただけで全てがゲットできるシステムだったらいいのですが、現状は、お金がなくなるまで永遠に課金することが出来てしまうようになっているんです。
f:id:GameGeek:20181013081641p:plain

しかも、何度もアイテムなどが追加されるせいで、きりが無い、課金地獄にハマってしまう可能性もあるんです。


つまり、私が言いたいことは、無料ゲームが「一番高いゲーム」ということです。


コンシューマーゲーム(スイッチやPS4など)のソフトは、開発に時間がかかるので、なかなかビッグタイトルが発売されないんです。

ですが、最近、救世主がやって来ています。


それは「インディーゲーム」です。このインディーゲームは、少人数で作ったゲームで、あのマインクラフトも、最初はインディーゲームという内容で発売されたんです。

このインディーゲームを、どれだけ重宝するかによって、コンシューマーゲームの未来が変わっていくのは確かです。

もちろん、ビッグタイトルも注目ですね。


スイッチでは、12月にスマブラが登場し、2019年には、どうぶつの森最新作が発売されます。

今後のゲーム業界はどう変化していくのか、気になりますね。

↓↓よければ、クリックお願いします!

今回は、こんな感じで終わりたいと思います。
よければ、高評価、はてぶ、読者登録をよろしくお願いします!
また次回、お会いしましょう!