GameGeekの楽しみ

ゲーマー仲間を1000人作るブログ

みんなが言っている神ゲー・クソゲーは意味が違う!? その見分け方とは?

どうも!
GameGeekです。

f:id:GameGeek:20181018195156p:plain

今回は、ある記事で、星のカービィの生みの親「桜井政博」さんについてのインタビューがあったのですが、そこで学んだゲームの面白さについて考えていきたいと思います。

リスクとリターンとは?

まず、ここで言うリスクとリターンというのは、危険とそれにともなって付いてくる面白さです。


例えば、スーパーマリオブラザーズでは、敵をやっつけるためには、敵の近くに行かなければいけないので、リスクがともないますよね。

f:id:GameGeek:20181018195830p:plain

ですが、それにともなって、上手く踏みつけることが出来ると、敵をやっつけることが出来ます。


ゲームをプレイしてる側としては、敵は無視してもよいけれど、倒した方が快感がある。

つまり、この「快感」が、リターンになるというわけです。

クソゲーと神ゲーの決定的な違い

これは、ズバリ「リスクの大きさにともなってリターンが付いてくるか」というところでしょう。


例えば、クソゲーだと、リスクがあっても、そのリスクが大きすぎて、難しくなり、遊ぶ気が無くなってしまうこともあります。


もう一つは、リスクは大きいが、その後についてくるリターンが無いからではないでしょうか?


危険をおかしてまで宝を取りに来たのに、全然良いものではなかったとか、場面は様々です。


なので、いかにリスクをリターンに変えていくかが、神ゲーとクソゲーの評価を分ける分岐点なのだと思います。


あともう一つ良い例えが...。


宝くじでも例えることが出来ますね。宝くじは、当たらないというリスクは高いですが、当たった場合のリターンは物凄くデカい、そんな感じです。


いわゆる「賭け」ですね。



今回は、こんな感じで終わりたいと思います。
少し分かりにくかったと思いますが、そこは大目に見て下さい...。

よければ、高評価、はてぶ、読者登録をよろしくお願いします!