GameGeekの楽しみ

任天堂オタクがゲームをとことん楽しんで行くブログ

知らないと損する荒野行動とフォートナイトの決定的な4つの違い

スポンサーリンク

どうも!
GameGeekです。

f:id:GameGeek:20181009160253j:plain

最近、荒野行動からフォートナイトに移る方が増えてきています。

f:id:GameGeek:20181009164214p:plain


ですが、荒野行動とフォートナイトの違いをよく知らないようなのです。


なので今回は、荒野行動とフォートナイトの決定的な4つの違いについて話して行きたいと思います!

荒野行動とフォートナイトの共通点

この二つのゲームの共通点は、ズバリ、100人で競い合う「バトルロワイヤル」というゲームという所でしょう。

f:id:GameGeek:20180924072152j:plain

ですが、色々と違う部分もあるので、その違いについて今回は話していきます。

建築が出来るかできないか

まあ、これを知っていないと、フォートナイトの説明は難しいと思うくらい常識なので、知っておいた方がいいと思います。


もし、周りになにか壁になるものがなく、相手に先に攻撃を食らってしまうと、ほぼ勝ち目がありませんよね。

f:id:GameGeek:20181203181422p:plain

そんな場合でも、フォートナイトの建築を使えば、壁を自分で作る事が出来るんです。


建築の種類は4つあって、

壁↴
f:id:GameGeek:20181009162657j:plain

階段↴
f:id:GameGeek:20181009162751j:plain

床↴
f:id:GameGeek:20181009162851j:plain

屋根↴
f:id:GameGeek:20181009162953j:plain

の4種類の建築があります。


なので、戦いの途中、砦を作ったり、回復するための小さな部屋も作る事が出来ます。


ですが、木などを切って、資材を集めなければ建築は出来ないので注意して下さい。

f:id:GameGeek:20181203181248p:plain

ショットガンが使えるか使えないか

これは題名にも載っていますが、荒野行動では、ショットガンは弱い武器と言われていますが、フォートナイトでは、なんと、最強と言われています。


まあ、最強と言っても、欠点があって、相手の近くで撃たないと、あまりダメージを与える事が出来ないんです。ですので、相手との撃ち合いになったら、使うようにすると良いと思います。


種類は色々ありますが、私が愛用しているのが、このポンプショットガンです↴
f:id:GameGeek:20181203180553p:plain


連射力はそんな無いですが、一発の攻撃力がすごく強いです。

難しいか、簡単か

私の知り合いは、元々荒野行動をやっていたのですが、私がフォートナイトをオススメしたので、やってみたそうなんです。


感想は、「難しい!」の一言でした。(笑)


まあ、荒野行動のプレイヤーがまだ弱いだけかもしれませんが、なぜか、フォートナイトの方が難しいんです...。

f:id:GameGeek:20181203180808p:plain

詳しい理由はわかりませんが、フォートナイトには「シールド」がありますし、建築もできるので、なかなか相手を倒せないのでしょう。まあ、全ては慣れですね。

リアルかコミカルか

これは、画像を見ればすぐわかると思います。


荒野行動↴

f:id:GameGeek:20181009164214p:plain

フォートナイト↴

f:id:GameGeek:20181009164536p:plain


完全に荒野行動の方がリアルです。


フォートナイトは、アニメに出てくるかのような、コミカルなデザインになっています。

まとめ

どうでしたか?


ショットガンが最強というのは、荒野行動のプレイヤーからしたら意外でしたよね。

f:id:GameGeek:20181203180553p:plain
オススメは新しく登場したレジェンドのポンプショットガンです!


そういえば、2019年にPS4で、荒野行動が出てくるみたいです!PS4には、すでにフォートナイトも出ているので、皆さんの好みで選んでみて下さい。


こちらの動画では、ちゃぶ台アフロがフォートナイトをプレイしているので、まあ、どんなものかを見てみると良いかもしれません。(勉強になるかはわかりませんが...)

【ちゃぶ台アフロ】フォートナイト #1 入門編


今回は、こんな感じで終わりたいと思います。


記事の内容に興味を持っていただけたら、高評価・読者登録をよろしくお願いします!

では、次の楽しみでお会いしましょう!