GameGeekの楽しみ

任天堂オタクがゲームの楽しさをとことん伝えていく場所

【スマブラSP】映画館のスクリーンで勝って来たぞ!ここだけの限定品も!

スポンサーリンク

どうも!
GameGeekです。

f:id:GameGeek:20181211163345p:plain

この前お話した、スマブラSPを「映画館のスクリーンでプレイできる」というイベントに行ってきました!


なので今回は、行ってみた感想と、実際にスクリーンでプレイ出来たので、その事についても話して行きたいと思います!

小学生含むでした

まず謝っておきたいことがあります。


前に書いた記事で、このイベントでスクリーンでプレイするには、「小学生以下の二人チーム」でなければいけないと言いました。


ですが本当は、「小学生以下含む二人チーム」でした。


誤った情報を載せてしまい、申し訳ありません!

f:id:GameGeek:20181216174137p:plain


一人でも小学生以下の人がいると、実際にスクリーンでプレイできるので、私は参加できました。

周りの強さ

私はお昼過ぎくらいにイベント場所に到着したんです。


で、この限定配布のチラシをもらい、いざスクリーン1へ入ったんです。


f:id:GameGeek:20181211164326p:plain


そしたら、ほぼスマブラをプレイしている方はちびっこでした(笑)


しかも、幼稚園の年長か、小1ほどの...。



私の考えていた中では、もっと小6とか、もっと強そうなプレイヤーが居るのかな~なんて思いながら来たのですが、実際は本当にただ寄って見ただけみたいな感じの人がほぼでした。

f:id:GameGeek:20181216170232p:plain

もちろん、ただ観戦しているだけの方は普通の大人でしたけどね。

まずはTVモニターで

スクリーンでプレイするためには、普通のTVモニターでの試合で勝たなければいけません。

f:id:GameGeek:20181216170339p:plain


私は王道の「こどもリンク」で、仲間は全然スマブラをしたことが無いので、試合をする直前にちょこっと操作説明をされただけのキングクルールで挑戦。

f:id:GameGeek:20181216170941p:plainf:id:GameGeek:20181216171044p:plain

敵は、ちびっことそのお父さん。


使っていたファイターは、前作で圧倒的な力を見せつけていた「クラウド」。もう一人が使っていたファイターは忘れてしまいました。


まずは練習試合。


試合はタイム制で、上手く行くか不安でしたが、練習試合は圧勝。

f:id:GameGeek:20181216171343p:plain

チームが意外と生き残ってくれたので勝利できました。


この時、初めてPROコンを触ったんです。

www.gamegeek.work


高すぎて買っていなかったのですが、意外と操作しやすかったです。

f:id:GameGeek:20181216171528p:plain


で、次の本番でも圧勝!

f:id:GameGeek:20181216171343p:plain


トゥーンリンクの戦闘力が、120万くらいの私でも楽勝で勝てたので、意外と勝つのは簡単。

f:id:GameGeek:20181216171741p:plain

そしてスクリーン

TVで勝ったので、次はいよいよスクリーンでのプレイ!

f:id:GameGeek:20181211164745p:plain


PROコンを手に取り、対戦相手を見てみると、またもやちびっこ!!

f:id:GameGeek:20181216170232p:plain


そして、いつも通り私は「こどもリンク」、仲間は「キングクルール」を選択し、試合開始!


一試合目は一度も撃墜されずに勝利!


二試合目も同じファイターを使い圧倒的な勝利!

f:id:GameGeek:20181216171343p:plain
4連勝(笑)


スクリーンでのプレイ中は、スイッチのロゴが刻まれた真っ赤な服を着た方が試合を実況してくれます。


私は実況されたのはもちろん初だったのですが、プレイが上手いと言われて嬉しかったです。



結局、「ゲーマー&完全初心者 VSちびっこ&ちびっこ」の対決は、「ゲーマー&完全初心者」チームが勝利しました!

下敷きゲット!

スクリーンでの試合に勝利したので、完全オリジナルの下敷きをゲットしました!

f:id:GameGeek:20181211163849p:plain


ここで余談なのですが、スマブラのロゴは、少し特徴的ですよね。

f:id:GameGeek:20181216173201p:plain

円の十字は、「クロスオーバー」という意味が込められているそうです。様々なゲームからキャラクターが交差して登場しますからね。


で、円が4つに切られていますが、この意味は4人プレイという事を表しているみたいです。

f:id:GameGeek:20181127180132p:plain


こちらの動画で、スマブラの生みの親「桜井 政博」さんがロゴの意味はもちろん、ちょっとした開発秘話も話しています(すでに知っている方はいると思いますが)



よゐこのスマブラで大乱闘生活 第2回


で、本題の下敷きの話に戻りますが、下敷きの表面(たぶん)には、先程も話したスマブラのロゴが大きく写っています。


f:id:GameGeek:20181211163849p:plain


そして裏面には、スマブラSPに収録されているアドベンチャーモード「灯火の星」を思わせる背景デザインが特徴的になっています。

f:id:GameGeek:20181216174220p:plain

最後に

今回はこんな感じで終わりたいと思います!


記事の内容を気に入っていただけましたら、高評価をよろしくお願いします!


ゲームの記事を楽しみながら、頑張って書いていくので、他の記事もぜひ読んで行ってね!


では、次の楽しみでお会いしましょう!

スポンサーリンク