GameGeekの楽しみ

将来有名ゲームディアを運営したいと闘志を燃やしている任天堂オタクのブログ

長年のゲーム人生で初めて不良品のコントローラーを引き当ててしまった

f:id:GameGeek:20190201221438p

 

届いて一瞬で壊れる

フォートナイトを始めてから約半年。Joy-Conも壊れてしまったので、そろそろPROコンを買おうかと考えていた。

で、結局アマゾンで購入。


スイッチのPROコンはよく壊れるだとか言われてるけれど、実際に試してみないとわからない。そう自分に言いながら、7000円を使った。

届いてすぐにフォートナイトを開き、友達と一緒に戦っていたその時。気づいてしまった...。

スティック壊れてる!!!

なぜだろうか...。こんなすぐに壊れたコントローラーは生まれて初めてだ。いや、もともと壊れていたのかもしれないが、それでも酷い。

自分が計画していた感じでは、PROコンを様々なゲームで使ってみて、その性能を記事にして書こうとしていた。だが、最初から壊れていたらひとたまりもない。

今回壊れたのは、左スティック。見た目は通常とは変わらないのだが、おそらく基盤が破損しているのだろう。スイッチに付属品として付いてくるJoy-Conを修理に出した経験が役に立った。もともと壊れていなければよかったのだが...。

この左スティック問題はこれだけではない。知っている方は少なくはないと思うが、このPROコンの左スティックは、めちゃくちゃ壊れやすいと有名なのだ。それは、アマゾンのレビューで完全に証明されている。

Nintendo Switch Proコントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー

 

PROコンのスティックは、なぜか粉を吹く。けれど、任天堂は「スティックから出る粉は、故障に関係ない」と言っているのだ。これが本当なのだとしても、もう少し強度を高くしてほしいものだ。

今回の問題に、この左スティック問題も関連しているとしても、開封して一瞬で壊れてしまうとは思ってもいなかった。

スティックが壊れてしまったことは、これで初めてではない。WiiUのゲームパッドも壊れてしまった。スティックが付いているコントローラーは、本当に壊れやすいので注意が必要だ。

あと、最近のコントローラーは消耗品だとか言われているが、そのことについては、またいつか詳しく話すのでご期待を。(熱く語る)

返品可能なのか?

さすがにこれは納得できないので、アマゾンで返品を試みている。調べてみたところ、開封している場合は、商品代金の50%しか返ってこないそうだ。

Amazon.co.jp ヘルプ: 返品・交換の条件


酷い、酷すぎる。50%ということは、せいぜい2400円程度しか返ってこない。これはレビューで文句を言った方がいいのだろうか。


というか、そもそもなぜ壊れたのだろう。配達途中にどこかにぶつけてしまったのだろうか?でも、しっかりと空気で膨らましてある袋で固定されていたし...。

それか、もともとアマゾンの倉庫に入っていたころから壊れていた?などと、クヨクヨ考えてしまう。ネガティブに考えてしまうことが多いので気を付けたいところだ。

f:id:GameGeek:20190204190519p:plain

実は、イッテQで笑って、その流れで見てしまうTV番組「行列のできる法律相談所」で、あの弁護士三人組が返品はどこまで可能なのかを偶然話していた。

まさか自分が返品する立場になるとは思ってもいなかったので、正直この偶然には驚いた。

で、その時に話していたのは、通販で物を購入したときは、普通の店とは事情が異なり、その通販のルールに記載されている条件を満たしていなければ返品は不可能だということ。

一瞬、「もしかしたら返品できるのでは?」と思ったのだが、やはりだめだった( ;∀;)

分解する

どうせ50%の金額しか返ってこないのなら、いっそのことPROコンを分解してみようと思う。

スティックの不具合に頭を抱え、自分でその原因を調べるために分解した方々によれば、意外と分解は簡単だとか。自分は機械のごちゃごちゃした感じのところが好きなので、分解は面白いと思うタイプだ。

おじいちゃんにもらったWindows98を分解してぶっ壊してしまったことは、また別の話。

f:id:GameGeek:20190204191655p:plain

一応アマゾンにPROコンのスティック部分が売っているので、これを使って自分で修理してみるのもいいのかもしれない。(部品をなくしたら元も子もないので注意)もし分解したら、また後日記事にして色々と話していこうと思う。

https://amzn.to/2GouPez

 

1~2時間で気づいたこと

こんな感じで壊れてはいたものの、良いところはたくさんあった。


まず、ボタンがJoy-Conに比べて大きくて押しやすい。フォートナイトやスマブラなどの、操作ミスが命取りとなるゲームでは、なるべくボタンを大きくして押し間違えにくくなっている方がよっぽど良い。

だが、プラス・マイナスボタンと、ホームボタンとキャプチャーボタンは別問題。奥に少しへこんでいる上に、ボタンのサイズがかなり小さいので、押し間違いが起こりやすそうだ。

f:id:GameGeek:20190204193828p:plain


そして、スティックとボタンの位置もベストだった。

スイッチのコントローラーは、左右のスティックが上下にずれているので操作しずらい。その上、Joy-Conの場合だと、ボタンとスティックの位置がほぼ直線的に並んでいるので、手が疲れるのだ。

だが、PROコンは違う。ボタンとスティックが、いい感じの角度に斜めっているので、手を動かす手間が少なくなる。

長時間ゲームを遊ぶ側としては嬉しいことだ。

f:id:GameGeek:20190204194235p:plain


そして、もう一つ嬉しいこと。それは、十字キーが復活していることだ。Joy-Conの場合は、十字キーではなく、ばらばらにボタンが分かれているただの方向キーとなっていた。

だが、PROコンは十字キー。任天堂の伝統の十字キーが守られたことは、オタクとしては嬉しいこと。

f:id:GameGeek:20190204194708p:plain
十字キー。それはファミコンから始まった。

機能面としては、Joy-Conと比べたら押しやすいかな?って感じなのだが、なんか嬉しい。




f:id:GameGeek:20190204195615p:plain

と、まあこんな感じで、PROコンは壊れていたが、その分楽しめそうなところもあった。

自分と同じことが起こった方には、がんばってその分を取り返してほしい(意味不)

改善されない悪い部分もあるが、やはりPROコンは王道だ。