ゲームオタクだって開発者

絶対、絶対ゲームプログラマーになってやる!(50%)

スイッチの付属コントローラーとPROコントローラーを細かく評価

スイッチを買ったときに、一緒についてくるコントローラー「Joy-Con」。

f:id:GameGeek:20190207170642p:plain

そして、少し高価だが、その抜群の使いやすさで粘り強くゲーム業界を生き抜いてきた「PROコン」。

今回は、この二つのコントローラーの、良いところと悪いところを自分なりにまとめていく。(最後に一気に共通点をまとめる)

Joy-Conの良いところ

まず、Joy-Conの良いところを紹介しよう。


一つ目は、最初からスイッチとセットになってついてくるということだ。

f:id:GameGeek:20190207152653p:plain

これ、普通じゃないの?と思う方もいると思うが、Joy-Conは更にその先を行く。二人分のコントローラーがスイッチにセットになっているのだ。

そう、もう一つの良い点は、「Joy-Con1セット」で二人プレイができることだ。

もう知っていると思うが、Joy-Conは、おすそ分けをすることができる。横持ちにして、二個で1セットのJoy-Conを、片方ずつに分けるのだ。

f:id:GameGeek:20190207153040p:plain

こうすることで、わざわざ新しいコントローラーを買うことなく、最初から二人でゲームを遊ぶことができるのだ。まあ、ファミコンなどの昔のゲームは、もとから二個のコントローラーがついていたので、最初から二人で遊ぶことができた。だが、最近のゲーム機でコントローラーが二個ついているのはスイッチくらいだろう。


そして、意外と知られていないJoy-Conの隠し機能「IRカメラ」がついているのも良いところだ。

f:id:GameGeek:20190207153615p:plain

IRカメラは、右の方にしかついていない。実は、これを上手く使った斬新なゲームがあることを、みなさんはご存じだろうか?

そのゲームは、あの段ボールでコントローラーを工作し、それを使って遊ぶというおもちゃ感バリバリの「Nintendo Labo」だ。ハッキリ言って、このゲームはすぐに飽きてしまった。だが、このゲームがIRカメラを使っていることに興味を寄せられたのだ。


IRカメラは、物の動きを赤外線で感知する機能が備わっている。それを上手く使うことで、ひねったり、振ったり、今までになかったコントローラーを作ることができる。ゲームをゲームで作るというゲームがNintendo Laboだ。(意外と作るのに時間はかかる)


その内容は、ぜひ自分の目で確かめてほしい↴


残念ながら、IRカメラは、一瞬で消え去った「1-2-Switch」と、Nintendo Laboシリーズにしか使用されていない。だが、自分はこのカメラに、まだ画期的なゲームを作ることができる可能性があるとみている。今後のゲームに要注目だ。

Joy-Conの悪いところ

次は、Joy-Conの悪いところを説明していく。


まずは、スティックが壊れやすいことだ。これは、自分がスティックに力を入れすぎているだけかもしれないが、すぐに壊れた。ガチャガチャ操作しない限りは大丈夫だろう。

だが、スマブラなどの格闘ゲームを遊んでいると、どうしても操作が荒くなってしまう。かなり気を付けない限り、壊れることはありえると思っておいた方が良いと思う。


次は、ボタンが小さいこと。まあ、Joy-Con自体が小さく設計されているので、物理的にこの大きさが限界だったのかもしれないが、それでも小さい。

ボタンが小さいと、押し間違いが発生してしまう可能性があるので、もしPROコンを買うお金があるのなら、PROコンを買っておいた方が良いだろう。自分は、つい最近PROコンを買った。だが、不良品だった( ;∀;)

www.gamegeek.work


で、もう一つ悪い点がある。それは、ボタンとスティックが直線に並んでいるところだ。

f:id:GameGeek:20190207160150p

直線に並んでいると何が悪いのか?例を挙げてみよう。

例えば、フォートナイトをあなたが遊ぶとしよう。その時、右スティックで視点を動かしながらジャンプをする。その時、あなたは親指をグーンと伸ばさなければいけないはずだ。実際にやってみると、言っていることがよく分かるはず。

PROコンの良いところ

PROコンの良いところは、操作性が抜群ということだ。

PROコンは、Joy-Conに比べてボタンが大きい。なので、押し間違いが起きにくく、ボタンの位置をすぐに覚えられるはずだ。そうすることで、ゲームがより上達するだろう。


次は、ZLボタンとZRボタンの押し心地が良いところだ。この部分、フォートナイトではかなり重要になってくる。その理由は、ZRでアイテムを使うからだ。PROコンは、押したときの感覚がサクッという感じなので、ちょっと触っただけでもアイテムを使うことができる。

触ってみないとわからないかもしれないが、重要な場面で必ず役に立つはず。


次は、ボタンとスティックが斜めに配置されているところ。先ほど話したJoy-Conは、ボタンとスティックが直線に配置されているため、指をかなり使う。

f:id:GameGeek:20190207162011p:plain

だが、PROコンは、ボタンとスティックが斜めに配置されているので、Joy-Conと比べたら、やはりPROコンの方が自然な形で遊ぶことができるだろう。つまり、手が疲れにくいということだ。

このことから、フォートナイトなどのゲームを遊ぶときは、PROコンの方が100倍も操作性が安定すると言えるだろう。


そして、ちょうどいい重さになっていることが、自分の中では良いなと思った。WiiUのゲームパッドは、普通に重すぎて手が疲れた

だが、PROコンの重さは、重すぎず軽すぎず、手にしっくりくる重さに仕上がっていた。具体的な重さは説明はしないので、他のサイトでぜひ調べてみるとよいだろう。


あとは、普通にデザインがカッコいい!自分は、デザインのシンプルさとかカッコよさをかなり気にするのだが、PROコンは普通にカッコよかった。

PROコンをよく見ると、少し基盤が透けて見える。これが面白くもあり、カッコよくもあった。



だが、スプラトゥーン2エディションや、ゼノブレイド2エディションは、ゲームを強調しすぎているため、あまりデザイン的にもおススメできない。

f:id:GameGeek:20190207165902pf:id:GameGeek:20190207170003p

PROコンの悪いところ

今度は、PROコンの悪いところを話していく。


まずは、IRカメラが使えないことだろう。まあ、使えても、コントローラーの形状上使い道があまりないので、どうしようもない気がするが...。


あとは、単純に高いことだろう。まあ、一台で様々なことができてしまうほど万能なので、この値段も仕方ないのかもしれない。だが、ゲーム初心者にはなかなか手が出せない値段になってしまった。

f:id:GameGeek:20190207165608p:plain

しかも、レビューで壊れやすとか言われているので、よけいに買いにくいはず。自分がPROコンを使った感じでは、いまだに壊れてもいないし、レビューで問題になっている「粉吹き」も、まだ起こっていない。なので、買ったら買ったで普通に使いやすいのだ。


まあ、そこまで自分はPROコンを使っていないので、一応耐久性が低いことも悪いことに入れておこう


あとは、+・-ボタンと、キャプチャーボタンとホームボタンが押しにくいことだろうか。自分は、一応ブロガーとして、記事に使えそうな写真はキャプチャーボタンで撮影している。だが、慌てて撮るときに、間違えて+ボタンを押してしまったりと、配置的にも大きさ的にも間違いやすいので、その点は注意してほしい。

f:id:GameGeek:20190204193828p

共通点

最後に、二つのコントローラーの共通点をまとめていく。といっても、この四つくらいだろう。

  • ジャイロ機能がついている
  • ワイヤレス接続ができる(PROコンは有線接続もできる)
  • コントローラーだけでホーム画面とゲーム画面を、行ったり来たりできる
  • 外でも使える

共通点は、細かく言えばもっとあるが、重要な部分だけ説明しておいた。

とくに、コントローラーだけでホーム画面とゲーム画面を行ったり来たりできるのは、かなり楽だ。

GCコンは、ホームボタンがないので、わざわざJoy-Conを使ってホーム画面にもどる必要があった。だが、PROコンとJoy-Con共にその手間は必要ない

これが、意外と重要な点だった。

結局おススメしたいコントローラー

で、自分がいろいろ試してみて、どっちが良いのか決めまた結果↴

ゲームやり込むのならPROコン必須!

ということを伝えたかった。

f:id:GameGeek:20190207152115p

一度PROコンを使ったら、二度と手放せなくなってしまうだろう。



はてブよろしく!↴