ゲームオタクだって開発者

絶対、絶対ゲームプログラマーになってやる!(50%)

NintendoDirect 2019.2.14は、『新作あり,リメイクあり』のてんこ盛りだった 意外なリメイクに驚きを隠せない

NintendoDirectが更新されたぞ!

f:id:GameGeek:20190214145249p:plain

というわけで、今回は、新作ありリメイクありのてんこ盛りだった「NintendoDirect 2019.2.14」の内容について、色々と語っていきたいと思います!

気になったポイント

今回は、任天堂側が『Nintendo Switchのソフトに関する情報をお届けします。』とホームページに載せたおかげで、ダイレクト中に紹介されるスイッチのヘッドラインが、普段は1~2回しかないのですが、今回は3回という、完全にスイッチを強調したダイレクトとなりました。



朝からパソコン開いて待った甲斐がありましたね(笑)


ソフトがたくさん紹介されすぎたので、私が気になった部分だけをとことん話していきますので、よろしくお願いします。

まさかの『2』

今回は、驚きがたくさんあったのですが、最初から驚かされるとは思いもしませんでした。

ダイレクトが始まった直前から、なぜかスーパーマリオワールドの画面が...。

f:id:GameGeek:20190214150049p:plain

なんと、スーパーマリオメーカーが、スイッチに再登場して、『スーパーマリオメーカー』となって帰ってきたんです!

f:id:GameGeek:20190214150110p:plain


今作の特徴は、なんといっても『スーパーマリオ3D ワールド』のコースを作ることができるということです。

最初、私は「まさか3Dのコースを作れるの!?」と思ったのですが、さすがにそれはなかったですね。


ですが、3D感はそのままに、スーパーマリオ3D ワールドで登場した仕掛けやアイテム、そしてアクションをすることができるようになりました!

f:id:GameGeek:20190214150422p:plain

ネコマリオ特有の「壁のぼり」もできるようになるみたいです。

発売は、2019年6月を予定しているそうです。意外とすぐに発売されますね。普通なら発表から半年以上かかるのですが。

スターリンク バトル・フォー・アトラス

これは、私がずっと前から目をつけていた作品です。画像から分かる通り、シューティングゲームとなっているのですが、それに加えて『オープンワールド』になっているんですよね。

f:id:GameGeek:20190214151328p:plain

シューティングゲームかつオープンワールドのゲームがスイッチで発売されることを願っていたのですが、本当に来てしまいました。


今作は、スイッチ以外にも、プレイステーション4やXbox Oenで遊ぶことができるらしいのですが、スイッチ限定で『スターフォックス』のキャラクターたちが、ゲーム内に登場するんです!



このゲームの本当の目的は、他のボスを倒すことなのですが、フォックスの宿敵「ウルフ」も登場します。


このゲームの発売日は4月25日なので、もうアマゾンなどでは予約が開始されています。

スターリンク バトル・フォー・アトラス スターターパック - Switch

スターリンク バトル・フォー・アトラス スターターパック - Switch

私は、このゲームを買うなら、絶対にパッケージ版を購入することをおススメします。

その理由は、ゲームと専用パーツが連動する『Joy-Conマウント』がセットになっているからです。これは、ダウンロード版では手に入りません。

f:id:GameGeek:20190214152553p
ヤベー。超面白そうなんだけど。


スターフォックスに登場する戦闘機「アーウィン」のパーツに、その他の武器などのパーツを付け替えると、それに連動して、ゲーム内でも武器が変化するんです!Nintendo Laboを始めて見たときのようなワクワク感が止まりません。

f:id:GameGeek:20190214152911p:plain


あと、後からサイトを見て気づいたことなのですが、このパッケージ版に付属しているパーツ以外にも、別売りでパーツが売っていました。買いたいけど、買えない( ;∀;)

DELTARUNEがスイッチで登場!

やはり来ましたか。いつだか私が紹介した、UNDERTALEの公式続編「DELTARUNE」のチャプター1が、スイッチで配信されます!(もち無料)

f:id:GameGeek:20190214153356p:plain


スイッチでUNDERTALEが出たなら、もちろんDELTARUNEもスイッチで出るよな

と思っていたのですが、その予想は的中しましたね。


www.gamegeek.work


このゲームは、上の記事でも話した通り、まだ完成していません。DELTARUNEの完成まで、開発者のトビー・フォックスさんは『あと7年かかる可能性がある』と言っているので、発売はまだ期待しない方がよさそうです。


UNDERTALEの紹介映像は、色々とネタが詰まっていたのですが、今回公開された映像も、細かく見るとネタがいっぱいです(笑)



犬がたくさん出てきて...。ゲームの内容に少しでも関係するところは、犬がびっしりと集まって隠してしまっていますね。


まあ、気になる方はぜひ遊んでみてください。UNDERTALEをクリアしていないと、最後の最後に訳が分からなくなります。その理由は、遊んでみれば分かります。


もし、すぐに遊びたいという方は、もう配信されているWin版とMac版を遊んでみてください↴
www.deltarune.com

テトリスで生き残れ!?

お次は、テトリスで生き残るバトルロイヤルゲーム「テトリス99」を紹介します!

f:id:GameGeek:20190214154741p:plain


どうせ有料なんでしょと思う方は残念でした、これ『無料』です!

ですが、Nintendo Switch Onlineの加入者限定特典なので、実質『有料』です(笑)


加入者限定のゲームが来ることは予想内でしたね(`・∀・´)エッヘン!!


その理由を知りたい方は、この記事を読み終わってからこちらを読んでみてください↴
www.gamegeek.work


で、本題に戻ります。このゲームで生き残るためには、テトリスをプレイして、ゲームオーバーにならないようにすればいいのです!

f:id:GameGeek:20190214155452p:plain


さすがにテトリスのルールは知っていますよね?

上の画像にも映っているのですが、テトリスをプレイしている画面の横に、複数の長方形が並んでいますよね。それが、今対戦しているプレイヤーの数です。

ゲームオーバーになったプレイヤーは、『K.O.』と表示されています。


目指せ『テト1』です!


DAEMON X MACHINAが体験できるぞ!

やっと入ってきましたね。メカアクションゲーム『DAEMON X MACHINA』の最新情報が!

f:id:GameGeek:20190214160259p:plain


一言でいうと、今回説明されたのは、体験版が配信されるということだけです......いや、これだけでも驚き!!

DAEMON X MACHINAの体験版の事は、カッコよくプロトタイプオーダーズと言われてるみたいですね~。




体験版では、4つのオーダー(ミッション)を体験できるそうです。今回の体験版は、体験したら感想を伝えてあげましょう。

ホームページから、感想やバグ、変更点などを伝えて、製品版をもっと良くしましょう!


で、話が少しそれますが、この体験版を配信して製品版への変更点を見つけるこの『体験版で感想を引き出す』作戦(そのまんま)


これ、理にかなった作戦だと思うんですよね。

もし、この体験版が面白かったら、製品版を購入してくれる可能性も高まります。

もし変更してほしい部分があったら、その意見を伝えれば変更してくれる可能性だってあるんです。


これは、記事のネタが見つかってしまいましたね(笑)


体験版は、期間限定配信なので、すぐにショップへレッツゴー!

Nintendo Switch|ダウンロード購入|DAEMON X MACHINA Prototype Orders


感想はここから↴
dxm.marv.jp

あの最新作...ではなくリメイク登場!

で、今回のダイレクトで一番驚きだったのが、この発表。

f:id:GameGeek:20190214161057p:plain


そう、「ゼルダの伝説 夢をみる島」が、スイッチでリメイクされるんです!

なぜ『夢をみる島』がリメイクされるのか、意味不明です。これには、驚きを隠しきれませんでした。



ダイレクトの最後に流れ出したこの映像。そこには、激しく波打つ海に、唯一浮かんでいる船がありました。

f:id:GameGeek:20190214161703p:plain


この時、さすが私と言いたいところなのですが、大波に船が映った瞬間、『これ、絶対「夢をみる島」だよな』って思いました(ホント)


それだけ、ゼルダ愛は強いです。

で、さらに面白かったのが、タイトルのデザインが、完全にゼルダの伝説BotWをイメージしているところです。

f:id:GameGeek:20190214162221p:plain
これが夢をみる島のタイトルデザイン

f:id:GameGeek:20190214162326p:plain
これがBotWのタイトルデザイン


え、微妙じゃね?と思うと思いますが、よく見ると文字のフォントが一緒で、なおかつ「THE LEGEND OF ZELDA」と小さく書かれているんです。


これからのゼルダの伝説のタイトルデザインがどのようになるのかが、ここから読み取れますね(役に立つ保証なし)


今作の特徴と言えば、でっかい山に卵が乗っかっているところですよね。

この世界、実は夢なんです。だれの夢なのかはネタバレなので教えません。


で、さらに驚きだったのが、CGデザインです。


もともと荒いドットで描かれていたので、今作はツルっとしたCGデザインになったのかもしれませんが、ゼルダの伝説 BotWのデザインになれてしまったせいか、物凄い違和感があります。

f:id:GameGeek:20190214163052p:plain


で、映像にも映っていますが、原作通り、ワンワンとクリボーも健在のようですね。

f:id:GameGeek:20190214163237pf:id:GameGeek:20190214163219p


『リンクの冒険』以来の「横スクロールステージ」があるのも特徴的です。


これ以外、詳細は明かされていませんが、リメイクでも「ドロボー」になれるのでしょうか?

ゼルダの伝説シリーズの中で最強説がある、『店主』にボコられますけどね(笑)

最後に

今回説明した以外にも、様々なゲームの詳細が明かされました。ファイヤーエムブレムの事も話したいのですが、今回は興味のあるゲームだけを取り上げました。
f:id:GameGeek:20190214163715p:plain


ゼルダの伝説 夢をみる島がリメイクされることは驚きでしたが、マリオメーカー2が発売されることも驚きでしたね。

f:id:GameGeek:20190214150110p
新作揃いで忘れてないか~?


またいつか、詳しくゲームごとに話していくからよろしく!