ゲーム生活に1UP

遊んでいて『面白い』からゲームを遊ぶ

VRゲームが主流になることでゲームはより簡単に、直感的になる

スイッチVRが出るとか出ないとか言われていましたが、実際はどうなのでしょうか?

f:id:GameGeek:20190228192019p

てなわけで、VRのメリットとは何だろうと思ったので、この記事で分かったことを伝えようと思います。

簡単

まず、操作が簡単になるということが分かります。

最近のゲームは、キャラクターを動かす操作と、キャラクターの視点を動かす操作をそれぞれ別のスティック、あるいはボタンで行うことが多くなってきています。その分、ゲームの操作は複雑になり、初心者の方には気軽にゲームを遊んでもらえなくなっています。


ですが、VRは自分の頭の動きも「操作」に入れることができます。ということは、視点を動かす操作は必要なくなります。つまり、VRを使うことで、ゲームの操作がより簡単になるのです。

f:id:GameGeek:20190228181739p:plain

キャラクターの視点でゲームを進めるFPSゲームだったり、その他にも一人称視点のゲームだったら、VRの機能を簡単に使うことができますよね。ゲームをもっと楽しんでもらうには、操作を簡単にする必要があるのです。

ゲームの世界にのめり込みやすくなる

ヒットする面白いゲームとは、『操作が簡単で長く遊べるゲーム』だと自分は思っています。そう、先ほども話した通り、VRで操作は簡単になるのです。

では、次にゲームを面白くするためには何が必要なのか。それは、自分がゲームの世界に簡単に入ることができることです。普通のゲームだったら、一つのディスプレイに向かい合って、淡々と遊ぶものですが、VRは違います。


VRは、ヘッドセットを装着することで、見えるものは全てゲームの世界になるんです。なので、現実世界から一時的に離れることができ、すぐにゲームの世界に「入る=のめり込む」ことができるのです。


VR+イヤホンを使ったら、最高のゲームプレイを体験できるはずです。頭の動きもゲームに連動するので、さらにゲームの世界に入りやすくなりますね。


自分はゲームオタクなのでVRでなくてもゲームの世界に入ることができるのですが、普通にテレビでゲームを遊ぶのとVRを使ってゲームを遊ぶのでは、完全にVRの方が臨場感が高いので、テレビで遊ぶ時よりも数十倍は楽しめます。



ですが、VRを使って何時間もゲームを遊んでいると、ゲームの世界と現実の世界の境目が分かりにくくなってしまうと思うので、何かしらの対策は必須ですね。オンラインゲームの盛んな韓国で、ゲームの遊びすぎで亡くなってしまったという例もありますので。

操作が直感的になる

自分がWiiに不満だったことがあります。それは、Wiiリモコンのジャイロ操作が分かりにくいことです。

Wiiのコントローラー「Wiiリモコン」には、手の動きとゲームが連動するという画期的な機能がついていました。まあ、最初はこれがあるだけでも十分なのですが、やはりテレビ自体は動いてくれないので、どこにリモコンを向ければいいのかが分かりにくかったんですね。

ですが、VRでは目の前にゲームの映像が映るので、無駄なことを考える必要はありません。プレイステーションVRには、主にシューティングゲームに使うことができる『シューティングコントローラー』というコントローラーがあります。

f:id:GameGeek:20190228183314p

このコントローラーを銃に見立ててゲームを遊ぶことで、より直感的に敵を狙い撃つことが可能なのです。普通のFPSゲームなら、右スティックで標準を敵に合わせるという動作が必要になります。これが慣れるまでは意外と難しく、スティックの角度で標準が動くので、なかなか敵に合わせずらいのです。

ですが、このシューティング コントローラーは、これをVRで見えている画面上の敵に向けるだけで、標準を合わせることができるんです。すごい簡単だと思いませんか?

しかも、ちゃんとボタンの配置も銃に見立てることを前提として配置されているので、本当に敵と打ち合っているかのような体験をすることができるんですね。


ですが、このシューティングコントローラーは、ゲームを一本買えるほどの値段です。しかも、ゲームによってコントローラーの種類が異なるので、コントローラーにかけるお金がかなりかかります。なので、スイッチにVRを出すべきなのではないかと思っているのです。どういうことかというと、スイッチにはニンテンドーラボという、段ボールで独自のコントローラーを作ることができるゲームがありますよね。

f:id:GameGeek:20190228184819p

ニンテンドーラボでは「ピアノ」や「釣り竿」、「バイクのハンドル」など、普通に買ったらめちゃくちゃ高そうなコントローラーを、段ボールで再現することができるので、シューティングコントローラーのような一部ゲーム専用のコントローラーも、簡単に手に入れることができるんです。


スイッチVRがもし出るのなら、絶対にニンテンドーラボに対応させるべきだと自分は考えています。


格闘ゲームでは、グローブを段ボールで作って、手にそれを付け、実際にパンチをすることで敵と戦うことだってできるはずです。パンチの角度や方向によって、アッパーやフックなどのパンチの種類も複数つくることができますね。

もしこれが実現したら、あの「パンチアウト!!」の最新作がスイッチで発売される可能性もあり得るのではないでしょうか?

f:id:GameGeek:20190228190618p:plain
アーケードアーカイブスでも、パンチアウト!!の復活が実現している

最後に

今回は、こんな感じで終わりたいと思います。

VRのすごさを分かっていただけましたか?結局、スイッチVRは発売されるのでしょうかね。

f:id:GameGeek:20190228191219p
バーチャルボーイの「レッドアラーム」というソフト

任天堂は、時代の先を行きすぎて、今からおよそ25年くらい前に、すでに「バーチャルボーイ」というVRのようなゲーム機を出していたんですね。まあ、赤と黒の二色でしか画面に映すことができなかったので、現在の技術の進み具合がよく分かります。

任天堂の新しいVRの名前は、スイッチVRではなく「new バーチャルボーイ」になる可能性もあるかもしれませんね。


任天堂はVRについてどのような動きを見せるのか、行く先が楽しみです。