ゲーム生活に1UP

遊んでいて『面白い』からゲームを遊ぶ

「4000円から買える+対象年齢7歳」の『Nintendo Labo: VR Kit』が発売

どうも!
久しぶりの興奮を覚えたGameGeekです。

f:id:GameGeek:20190307155801p

なんと、ニンテンドースイッチVRの発売が決定しました!

Nintendo Labo、恐るべし!

*追記*

VR KITの紹介映像が公開されました!



その中で見つけた「Toy-ConガレージVR」の内容がすごかったので、ぜひこちらの記事も合わせてお読みください↴
www.gamegeek.work

最低4000円でVRを体験

はい来ました!オタクの予想がバチコリ的中しましたよ。自慢というよりかは、自分自身驚きながら記事を書いています(笑)

ニュースリリース : 2019年3月7日


VR来るかと噂されていましたが、まさかこんな早く登場するとは思ってもいませんでした。

言わせてもらいます、Nintendo Laboは革命です。初めて公開された不思議な映像を見てから、自分はNintendo Laboに可能性を見つけたと前の記事でも話しました。ですが、まさかVRまでも段ボールで実現するとは全く予想はできませんでした。VRの予想はできても、VRに対応するコントローラーが段ボールになるということしか予想できなかったです。


今回のセットには、6種類のToy-Conがセットになっています。


で、その6種類のToy-Conの中でも一番最初に目についたのが、この「トリToy-Con」です。

f:id:GameGeek:20190307160534p:plain

実はこれ、一番最初のNintendo Laboの初公開映像にも似たようなものが映っていました


それがこちら↴
f:id:GameGeek:20190307161109p:plain


う...、ブレてる。まあ、そこは気にしないで、初公開映像の時のものと、今日発表されたものの形と持ち方を見比べてみてください。

f:id:GameGeek:20190307161109pf:id:GameGeek:20190307160534p


ほぼ同じものと言ってもいいほど形や持ち方が似ていますよね。なので、このトリToy-Conが初公開映像にも映っていたことから、かなり前からスイッチVRの構図は立てられていたということが予想できます


では、実際にブイアール キットの内容を覗いてみましょう!

対象年齢7歳

感動しました。なんとこのブイアール キットは、対象年齢が7歳なんです!普通のVRだったら、たしか13歳以上だった気がします。

対象年齢7歳ということは、任天堂自身が問題としていたVR酔いや、長時間プレイをしてしまう問題を克服したということになりますね。


現時点で紹介映像は流れていませんが、公開された画像から、ブイアール キットの内容を予想してみます。


まずは「VRゴーグル」。

f:id:GameGeek:20190307162323p:plain

普通のVRとは違い、ゴーグルの横っちょにJoy-Conが装着できるようになっていますね。


実は、今回のブイアール キットは、二つの種類が存在します。6つのToy-Conで様々なVRの遊びを体験することができる通常版と、バズーカToy-ConとVRゴーグルがセットになったちょびっと版 ブイアール キット」のセットがあります。


そして、このVRゴーグルは、3980円でVRを体験することができる「ちょびっと版 ブイアール キット」でも遊ぶことができます。これを使えば、Nintendo Labo以外のゲームもVRで遊ぶことができるようになるのではないでしょうか?



そして、同じく「ちょびっと版 ブイアール キット」でも遊べる「バズーカToy-Con」。

f:id:GameGeek:20190307162951p:plain

こちらは、名前から予想できるように、シューティングゲームのようなものを楽しめるようになるのではないかと思います。

取っ手のようなものを引っ張って放すと、ミサイルが飛んでいくみたいですね。



次は、「風Toy-Con」です。

f:id:GameGeek:20190307163539p

おそらくこのToy-Conは、これ一つでゲームを遊ぶのではなく、トリToy-Conと合わせて使うのではないかと思っています。

トリToy-Conでは、鳥を操作して空を自由に飛び回れるようなものになると予想しているため、風をToy-Conで作り出し、鳥を風に乗らせるために使うのではないかと予想をしています。

この風Toy-Conだけを使う遊びは、自分の脳みそでは思いつきませんでした(笑)



そして「カメラToy-Con」。

f:id:GameGeek:20190307163913p:plain

ある画像に魚が写っていることから、魚を撮影して、撮った魚の種類をどんどん増やしていくものと予想することができます。

カメラのズームアウトもできるようです。ピント調節も必要になるのかな?



最後は「ゾウToy-Con」。

f:id:GameGeek:20190307164250p:plain

最初に目にした時は、かなり謎が多かったのですが、ある画像に色鉛筆を動かしているかのような様子が映っていました。

なので、ゾウの長い鼻を生かした遊びを楽しむことができそうですね。

最後に

紹介映像などのゲームプレイ映像は公開されていないため、現時点では予想しかできません。あとは、紹介映像と発売日を待つしかなさそうです。

f:id:GameGeek:20190307163407p

このNintendo Laboオリジナルの遊び以外にも、他のスイッチのゲームをVRで遊べるようになるのでしょうか?


飽きの速さも問題になっていたNintendo Labo。今回のブイアール キットでは、その問題を克服できているのでしょうか?


発売日が待ち遠しいですね(^▽^)/