ゲーム生活に1UP

遊んでいて『面白い』からゲームを遊ぶ

質問。あなたはゲームがダウンロード制になっても何も思わないか?

オタクは、ゲームのパッケージを大切に、宝物のように保管しておく。パッケージという物体があることで、ゲームを楽しんだ日々の記憶を蘇らせる思いでの品なるからだ。

f:id:GameGeek:20190311220813p:plain

だが、最近のゲーム業界は、スマホ主流になると言われるほど、スマホゲームの普及率が上がっていっている。あなたこの事態をどう受け止める? 

 

ダウンロードの波

スマホゲームは、全てダウンロードに頼っている。自分がスマホゲームが嫌いな理由の一つがこれなのだ。

スマホゲームだけなら、まだコンシュマーゲームは持ちこたえられるだろう。しかし、コンシューマーゲームでさえも、ダウンロードの波が押し寄せてきていることに、皆さんはお気づきだろうか。

最近のコンシューマーゲームには、オンラインストアが常に存在している。ニンテンドーeショップやPS Sutoaなどが馴染み深いだろう。

わざわざゲームを買いに行かなくても、家で簡単にゲームを買うことができるのだ。このおかげで、ネトゲ廃人が家に引きこもれる。ニートが増えた原因もこのひとつだろう。

ダウンロードとパッケージは質が違う

もちろんのこと、自分もオンラインストアにはお世話になっている。オンラインストアには、Steamのように数多くのインディーゲームが存在する。そのため、ゲームを安く買うことができるのだ。

だが、ひとつ言わせてほしい。自分は、安いダウンロードソフトの中で、パッケージ版のゲームに勝るほどの完成度を極めていたものは何一つ見ていない。

ダウンロードソフトは、パッケージ版のゲームよりも審査が簡単で、ゲームを効率的に売ることができるため、内容が薄っぺらい物がいくつも存在するのだ。

一方パッケージ版は、審査はもちろんあるし、ゲームカセットという物体も生産する必要がある。そのため、売れなければかなりの損失が出るため、ゲームの内容にはとことんこだわるのだ。


昔に比べてパッケージ版のクソゲーは少なくなった。そのため、安心感があるし、パッケージ版は有名な物が多いため、リスクが少ない。

パッケージ版の良いところだ。

パッケージは物体、ダウンロードはデータ

パッケージ版のゲームは時代を越えて受け継いでいくことができる。カセットが壊れない限り、ゲーマーの歩んできた思い出として残しておけるのだ。

だが、ダウンロードソフトはただデータがあるだけ。ゲーム機が壊れたら、データはサヨナラだ。まあ、今のゲームにはバックアップ機能があるため、データそのものが吹き飛ぶことはないだろう。

しかし、ダウンロードソフトは思い出に残るだろうか?自分は、中古品になるものは思い出が残るものだと思っている。たとえそれが0円だったとしてもだ。

ダウンロードソフトはただのデータなので売れない。中古品にもならない。ずっと新品のままなのだ。

ここら辺はうまく伝えきれないと思うが、どうかこの気持ちを受け取ってほしい。

パッケージの楽しみ方

こんなパッケージ押しということは、ダウンロードが敵わない「何か」あるはずだ。

何かを考えたことはこれが初めてのため、ハッキリとした理由ではないかもしれない。だが、自分がゲーマーを通り過ぎたゲームオタクだということは忘れないでほしい。

パッケージは、新鮮さを蘇らせてくれる。もしディスクしかないCDを見たら、それを包んでいたボックスを見たいと、一度は思うだろう。ゲームで言うパッケージとは、そういうものだ。

パッケージがあるかないかで、ゲームの価値は変化する。ある意味ゲームは、バーチャルの芸術だ。

ぱっと見でも、絶対にパッケージがあった方が自分は見栄えが良いと思う。


まあ、パッケージをおススメする理由はこれだけだが、誰か共感してくれる人がいると嬉しい。