ゲーム生活に1UP

遊んでいて『面白い』からゲームを遊ぶ

Downwellの10コンボを「バッテリーの節約」で解決!

Downwellは、井戸の中を落ち続けていくアクションシューティングゲームだ。

f:id:GameGeek:20190311070854p

価格も500円と、気軽に買えるゲームだが、クリアまでの間は苦労する。だが、Downwellで敵を連続で踏みつけることでできるコンボを決められるようになれば、クリアまでの道はグンと短くなる。

ということで今回は、Downwellで簡単に10コンボを決めることができるようになる3つのコツのうちの一つ「バッテリーの節約」について話したい。


バッテリーは節約するべき

このゲームの敵は、一度踏んだだけで倒すことができる。だがコンボをするためには、一度も地面に着地せずに敵を連続で踏みつけていかなければいけないのだ。

これを知っていても、いくら反射神経があるとしたってゲームの移動速度的に障害物を避けきれずに、地面に着地してしまうだろう。

そんな時に必要になるのが、攻撃と浮遊という二つの役目を担ってくれる「ガンブーツ」というものだ。これは、いつでも使うことができる。エネルギーを使って弾を発射し、その勢いで攻撃と浮遊をすることができるのだが、一度に空中で使用できる回数は決まっている。

f:id:GameGeek:20190312220057p:plain

バッテリーが空っぽになると、地面に着地をするか、敵を踏みつけない限り、ガンブーツが使えなくなってしまう。


だが、コンボを決めれるようになれば話は別だ。コンボをしている間は、地面に着地はしていないが敵を踏みつけているため、バッテリーは補充される。


コンボの仕組みはこれなのだ。


あとは、どうやって敵を連続で踏みつけるかが問題だ。コンボは、ガンブーツでできる浮遊を使って行う。だったら浮遊をずっとすればいいのだが、バッテリーの数は限られている。だったらどうすればいいのだろうか。


その解決策はバッテリーのエネルギーを節約することだ。バッテリーを少しずつ使っていても、ある程度落下速度を抑えながら敵の真上に移動することができる。そのため、バッテリーを全て消費することなく、コンボを繋げていくことができるのだ。


だが、ここで注意してほしい。敵の中には、踏んでしまうとダメージを受けるものがいる。そのため、ダメージを受ける敵がいたのなら、なるべく避けるか、バッテリーの消費を最小限に抑えながら敵に攻撃をしよう。


まずは、バッテリーを節約し、一度に使い切らないことを頭の中で覚えておくことが、コンボを繋げる上で大切なポイントなのだ。


次回は、コンボを繋げる上でのアイテムの重要性について話したい。

www.gamegeek.work