ゲームオタクだって開発者

絶対、絶対ゲームプログラマーになってやる!(50%)

Googleがゲーム機の存在を消し去るクラウドゲームサービス『STADIA』

f:id:GameGeek:20190320191438p:plain

このコントローラーを見て、イマイチ何を言いたいのか分からない人、たくさんいるだろう。だがこれが、今のゲーム業界をひっくり返す可能性を秘めている、ある「サービス」のコントローラーなのだ。

そのサービスの名は『STADIA』。Google自身が開発したストリーミングゲームプラットフォームなのだ。

ゲーム機は今後必要なくなる可能性がある

このサービスは、Googleのデータセンターでゲームを動かし、その映像を様々なプラットフォームに送り込むことでゲームを遊べるようにするという手段が使われている。正直、ゲームのストリーミングサービスは、普通のゲーム機で遊ぶゲームには勝てないと思っていたかった。けど、やっぱ勝てんわ


STADIAで遊べるようになるゲームは、今のところPS4で登場しているものばかりだが、ゲーム開発者用の開発ツールが既に存在しているそうなので、全く新しいゲームをこのSTADIAで遊べるようになるのかもしれない。


で、一番重要なのが、スマホやパソコン、タブレットなどのデバイスに関係なく動作するというところだ。膨大な処理が必要なゲームでも、Googleのデータセンターで処理を行ってくれるため、ゲーミングPCでも重かったゲームが低スペックのデバイスでも簡単に遊べるようになってしまうのだ。しかも、遅延はかなり少ないとのこと。


もうやばいよね。これさ、ゲーム機よりも性能が良いってことは、ゲーム機の必要性が限りなく0に近くなったってことでしょ。自分みたいなコンシューマーゲーマーは、たぶんこの世から消え去るよね。

このサービス用にコントローラーが作られているみたい。それが、記事の初めに出したこのコントローラー。

f:id:GameGeek:20190320191438p

その名も、「STADIAコントローラ」だ。コントローラーコントローラの違いってなんだろうね。まあ、そんな深い意味は無さそうだからいいか。

このコントローラーの凄いところは、コントローラーをゲーム機ではなくWi-Fiに接続するというところ普通ならゲーム機とかにコントローラーを接続して遊ぶけど、このコントローラーはWi-Fiに接続して、直接データセンターと情報をやり取りできるようになってるんだよね。


しかも、このコントローラーにはボイスチャットをする時とかに使うマイクだったり、Googleアシストボタンなんかも付いてるんだ。


あと、プレイヤーはデータセンターの映像を見て操作するだけだから、わざわざゲーム機を買い替える必要な無くなるんだよね。そうなると、ゲームの値段はどのような変化を見せるんだろうね。もしSTADIAのサービスを使うのに、月何円とかだったらまだコンシューマーゲームの存在は残るだろうけど買い切りのサービスだとしたらSTADIAのプレイヤー人口はかなりの数になりそうGoogle自体が超有名な会社だしね。

自分の現在を他の人に遊んでもらう

このサービスで驚きだったのが、YouTubeの配信中に自分もそのゲームに簡単に参加できるということ。これはどういうことかっていうと、STADIAはYouTubeとも連携できるから、もしYouTubeでゲームを遊んでいるライブがあったら、そこに簡単に入ることができるんだ。つまり、ゲーム機の電源をわざわざ入れて、そのゲームの専用部屋に入る動作をしなくていいようになるってこと。


もう一つクリエイター専用の機能があって、これは動画で配信されていたゲームと全く同じ状況でゲームをプレイできるという機能。データセンターがメインで働いてくれるから、その動画を作ったYouTuberがゲームの情報を公開してくれれば、同じ強さ、場面、同じ状況からゲームを遊ぶことができる。つまり、動画に流れていた所を実際に体験できるんだ。配信者と視聴者の幅がグンと縮まったよね。


もし出来る機会があったら、自分もYouTubeで動画公開してみようと思っている。だって、絶対面白そうなんだもん。

まとめ

このサービスは2019年のどこかでスタートするらしい。

けど、今のところ日本でのサービスは行われるとは言われていない。まあ、いつか日本でもサービスが開始されるはずだから、気長に待とう。